トップページ トラスト地 会員 イベント 広報紙 寄附をするには 自然ウォッチング 協会について
トラストとは 保全地紹介 ボランティアスタッフ活動 保全管理の基本方針
トップページトラストとは>日本のナショナル・トラスト

日本のナショナル・トラスト

 日本のナショナル・トラストは英国ナショナル・トラストのように一つの組織ではありません。地方分散型です。
 日本という名のつく団体は2つあります。「社団法人日本ナショナル・トラスト協会」は、全国にある約50あるナショナル・トラスト運動の組織をまとめている団体で、普及活動も行っています。「財団法人日本ナショナル・トラスト」は、鳴き砂ネットワークや町並み保存など全国を視野に入れた活動を行っています。
 


                                写真:鎌倉

日本のナショナル・トラスト関連年表

〔参考:「ナショナル・トラストのはなし」「社会の動きとナショナル・トラスト」(社)日本ナショナル・トラスト協会発行〕

昭和39年(1964)
12月「財団法人鎌倉風致保存会」設立
昭和41年(1966)
6月(財)鎌倉風致保存会、御谷(オヤツ)1.5ヘクタールの買取成功
昭和43年(1968)
7月「妻籠を愛する会」設立
12月(財)観光資源保護財団設立
昭和48年(1973)
8月「大平宿を残す会」結成
昭和49年(1974)
3月「天神崎の自然を大切にする会」結成(和歌山県)
4月「全国町並み保存連盟」設立
昭和52年(1977)
2月「知床国立公園内100平方メートル運動」発足(北海道・斜里町)
昭和53年(1978)
1月 斜里町自然景観保全林設置条例・しれとこ国立公園内土地保全基金条例を制定
7月 小清水自然と語る会結成「オホーツクの村」(北海道・小清水)
昭和54年(1979)
10月「しれとこ100平方メートル運動推進本部」発足「関東支部」発足
11月「岡山県郷土文化財団」設立
昭和55年(1980)
7月「知床国立公園内100平方メートル運動、関西支部」発足
昭和56年(1981)
5月「ウトナイ湖バードサンクチュアリ」オープン
昭和57年(1982)
1月「(財)足利文化財団」設立
4月「塩飽本島まち並保存協力会」設立
7月環境庁「ナショナル・トラスト研究会」を発足
9月「知床国立公園内100平方メートル運動」5周年記念シンポジウム開催 「知床アピール」採択
昭和58年(1983)
2月「ナショナル・トラストを進める全国の会」結成
2月「(財)妻籠宿保存財団」設立
2月「信太の森シリブカガシを守る会」結成(大阪)
4月「(財)前田一歩園財団」設立(北海道)
5月「川越蔵の会」結成(埼玉)
10月第1回ナショナル・トラスト全国大会(天神崎)
12月「ハートランド近江八幡資金会議」結成
昭和59年(1984)
3月「財団法人佐倉緑の銀行」設立(千葉)
4月「歴史環境保存基金」(臼杵市)設立
5月「(社)奈良まちづくりセンター」設立
8月埼玉県「財団法人さいたま緑のトラスト協会」設立
10月「相模原市民みどりのまちづくりを推進する会」結成
11月第2回ナショナル・トラスト全国大会(横浜市)
12月特定公益増進法人に自然環境保全法人を昭和60年から認めることに決定
昭和60年(1985)
1月「(財)船橋みどり基金」設立
4月「(財)みどりのまち・かながわ県民会議」設立
6月「杵築市城下町保存基金」設立
10月第3回ナショナル・トラスト全国大会(佐倉市)
12月「(社)トンボと自然を考える会」設立
12月「自然環境保全法人の寄付金に係る相続税の租税特別措置決定
昭和61年(1986)
1月「エコシステム」の設立(熊本)
2月「函館ナショナル・トラストを語る会」結成
4月神奈川県「かながわトラストみどり基金」設立
4月「新宿御苑で夜桜を楽しみ、ナショナル・トラストを進める集い」開催
5月「蔵王のブナと水を守る会」発足(宮城県) 
7月「財団法人天神崎の自然を大切にする会」設立(和歌山)
8月「霧多布湿原ファンクラブ」結成(北海道)
9月(財)日本自然保護協会内に「ニライカナイ・ユーサンゴ基金」発足
10月第4回ナショナル・トラスト全国大会(足利市)
昭和62年(1987)
1月「(財)天神崎の自然を大切にする会」が日本初の自然環境保全法人に認定される
2月(財)埼玉県野鳥の会、見沼田んぼランドトラスト運動開始
4月知床原生林の伐採が強行される
6月「北海道ナショナル・トラスト運動推進連絡会議」発足
6月リゾート法(総合保養地整備法)制定
10月第5回ナショナル・トラスト全国大会(東京都世田谷区)
11月「鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ」オープン
昭和63年(1988)
3月「柿田川みどりのトラスト委員会」発足(静岡)
6月「はちのへ小さな浜の会」発足(青森) 
7月「函館チンチン電車を走らせよう会」発足 
10月第6回ナショナル・トラスト全国大会(大宮市)
11月「知床国立公園内100平方メートル運動10周年記念シンポジウム」開催
12月「トラストサルン釧路」結成(北海道)
12月「(財)みどりのまちかながわ県民会議」保存契約で葛葉緑地を保存
平成元年(1989)
4月世田谷区「せたがやトラスト協会」発足(10月財団認可)
5月「財団法人小清水自然と語る会」自然環境保全法人第2号認可
5月「稲村ガ崎の自然と史跡を守る市民の会」が「古戦場トラスト」開始
9月「妻籠宿保全基金」設立
10月第7回ナショナル・トラスト全国大会(北海道・小清水町)
10月「高尾自然体験学習林の会」発足
11月静岡県、トンボの楽園「桶ケ谷沼」の民有地52ヘクタールを20億円で買収を決める。(磐田市)
平成2年(1990) 2月「小山鷲城址保存ナショナル・トラスト基金」発足
4月「トトロのふるさと基金」発足(埼玉)
7月「小網代の森を守る会」発足(神奈川) 
8月「上尾・桶川ランドトラスト」発足(埼玉県野鳥の会)
9月「(財)大阪みどりのトラスト協会」(財団設立は1989年9月)自然環境保全法人第3号認可
12月第8回ナショナル・トラスト全国大会(群馬県・川場村)
平成3年(1991)
3月宇都宮市「財団法人グリーントラストうつのみや」発足
3月「柿田川みどりのトラスト」設立総会
3月「せたがやトラスト協会」国分寺崖線の保全契約第1号締結
4月霧多布湿原の私有地を町が買い上げる(霧多布湿原ファンクラブの運動が行政を動かす)
7月「公益信託地球環境日本基金」発足
7月「日野自動車クリーンファンド」発足
10月第9回ナショナル・トラスト全国大会(北海道・函館市)
平成4年(1992) 4月「(財)大阪みどりのトラスト協会」、「ゼフィルスのトラスト」開始
9月「社団法人日本ナショナル・トラスト協会」発足
10月第10回ナショナル・トラスト全国大会(東京都)
平成5年(1993)
6月「関西ナショナル・トラスト協会(略称KANTA)」発足 
9月「はんのう景観トラスト」発足(埼玉) 
9月北海道キナシベツ湿原でトラスト開始
11月第11回ナショナル・トラスト全国大会(大阪府)
11月「環境基本法」制定
平成6年(1994)
10月「軽井沢ナショナル・トラスト」発足(長野) 
11月第12回ナショナル・トラスト全国大会(埼玉県・所沢市)
平成7年(1995)
8月「グリーンボランティアクラブ・阿漕浦友の会」発足(三重)
11月第13回ナショナル・トラスト全国大会(東京都・西新宿)
平成8年(1996)
2月「赤目の里山を育てる会」発足(三重) 
3月「富士山ナショナル・トラスト」発足(静岡) 
10月「中池見湿地トラスト」発足(福井) 
11月第14回ナショナル・トラスト全国大会(神奈川県)
平成9年(1997)
5月「財団法人おおのじょうみどりのトラスト協会」発足(福岡) 
6月「100平方メートル運動の森・トラスト」(知床100平方メートル運動買取達成後の新運動)開始
10月第15回ナショナル・トラスト全国大会(三重県)
平成10年(1998) 1月(社)日本ナショナル・トラスト協会が「環境とナショナル・トラスト講座」開催 
4月「トトロのふるさと基金」が「財団法人トトロふるさと財団」として環境庁から認可を受ける
6月第16回ナショナル・トラスト全国大会(青森県・八戸市)
平成11年(1999)
3月「手賀沼トラスト」発足(千葉) 
10月第17回ナショナル・トラスト全国大会(神奈川県・鎌倉市)
平成12年(2000) 11月第18回ナショナル・トラスト全国大会(静岡県・清水市)
平成13年(2001) 10月第19回ナショナル・トラスト全国大会(大分県・臼杵市)
 ページトップ

サイトマップ 個人情報 免責事項 著作権 リンクについて 写真・イラスト 参考資料一覧